サラ金

キャッシング後のトラブルはどんなもの?

キャッシングを行って、返済後にもトラブルが起きることがあります。
それは、キャッシングを行って返済が行えなくなると任意整理が行われます。
この任意整理では、信用情報機関に情報が残ります。

情報機関での記憶は、5年から10年は情報機関に残ります。
任意整理では、5年となります。
自己破産では、10年記憶として残ることがあります。

任意整理行われると新しくキャッシングの申し込みやクレジットの申し込みを行う事はできません。
クレジットカードにもキャッシングと同じく記憶に残りますので過去のクレジットやキャッシングのトラブルが起きることがあります。
事故歴については、クレジットカードの申し込みやキャッシングを申し込むときに信用情報機関で、情報を聞き出せることができます。

ご自分でも事故歴については、確認を行う事が出来ます。
キャッシングやクレジットの審査で不安を抱えていれば、自己記憶開示をすることができます。
不安な方は、自己記憶開示を行うといいでしょう。
もし、自己開示記憶を開示して、事故歴がなくなっている場合は審査が通りやすくなることがあります。
申し込みを行う時には、情報開示を行ってから申し込みを行うと不安感はなくなります。

このページの先頭へ