サラ金

キャッシングと日本貸金業協会

賃金業法の法律の関係で、日本貸金業協会が設立されました。
設立されるようになったのは、キャッシングの総量規制や過払い料金などの問題があります。
それらの問題について、解決していくのが日本貸金業協会になります。

また、違法なキャッシング会社や闇金融などの取り締まりも行っていることがあります。
キャッシング会社や信販会社は、日本貸金業界の指導を受けることがあります。
それらの指導を行って、業務の改善を行うようにします。

指導を無視すると金融庁からの捜査が入ることがあります。
今の日本は、約4000のキャッシング会社やクレジット会社があります。
これらを全て取り締まることは、厳しいと言われています。

現実的に難しいと言われています。
その結果、指導が行き届かない事で違法なキャッシング会社やクレジット会社をなくならないことになります。
また、日本貸金業協会に登録を行っていないキャッシング会社やクレジット会社の登録は、任意になります。

国の認可は、あるが日本貸金業協会に登録を行っていない会社はたくさんあります。
日本貸金業協会に登録を行っていると規制についての相談を受けることができます。
他にもキャッシング会社の情報などを得られやすくなることがあります。

このページの先頭へ