サラ金

キャッシング等の法律はどの省庁が管轄?

キャッシング会社を管轄しているのは、官監督官庁になります。
各都道府県に2つ以上の営業所や事務所がある場合は、財務局が管轄しています。
各都道府県に1つしかない営業所や事務所では、金融課や商工課になります。

また、信販会社のローンについては経済産業省の産業労働局金融対策課になります。
また、各都道府県によって営業所や事務所の名前が違う事があります。
財務局は、財務省の地方支局になります金融庁から委任を受けています。

賃金業者を対象に検査や監督を行って、違法な金利や取り立てを行っていないかどうかを見ます。
全国にどれぐらいあるのでしょうか。
それは、全国には10箇所あります。

沖縄では、総合事務所があります。
総合事務所は、財務部になります。
その他にも各都道府県に財務事務所と営業所が設置されています。

多くの金融会社では、罰則が行われないようにキャッシングに利息制限法が設定されています。
その利息制限法より超えたキャッシング金利になると違法になります。
この事をグレーゾーンと言います。
2006年には、消費者金融の行政処分が行われたことで強引な取り立てや高い金利が問題となることがありました。
そのため、グレーゾーンの撤廃されるように動いています。

このページの先頭へ